スマホのアプリ雑感

ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』と『忍者ストライカーズ』というアプリに続いて、『ロード・トゥ・ドラゴン』をダウンロードしてみた。いやね、昨日読んだ電撃プレイステーションの裏表紙(広告)がコレだったので、どんなもんかなと。

ルールが全然わからない中、手さぐりで進めるのは楽しい。また多数のキャラが非常に細かく描かれていて、こういうところはすごく好き。

でも3つのアプリを遊んでみて感じたのだけれど、RPG風にしろシューティングにしろ、今のアプリ(特に課金のゲームがそうなのかな)、システムがかなり似通ってるんだね。ガチャして、レアガチャして、合成して、進化させて。

このフォーマットを作ったのは、どれか特定のタイトルがあるのかしら。それとも、月日経て次第に醸成、洗練されていったものなのかな。

おかげでどのアプリをやるにも、あまり戸惑わなくはなったけれど。短時間で遊べるようにストーリー性がカットされているタイトルが多いから、余計にどれ遊んでも根幹のところが共通で、焼き直し感は否めない。

このエントリーをはてなブックマークに追加