【PS4】プレイステーション4に3TBの外付けHDDを追加

PlayStation4と外付けHDD ゲーム

現行のPlayStation4は500GBから1GBの本体ストレージがあるので、特定のタイトルを集中して遊んで、一段落ついたら次のタイトルに移るという使い方なら、本体ストレージの残り容量をそれほど気にせず運用することができます。

が、最近は容量が大きめのタイトルも増えてきたこともあって、何本か並行して本体ストレージに保存しているだけで、かなりの容量を取られてしまいがち。

また、プレイ動画を保存することが多い人も、いつの間にか本体ストレージを圧迫されていることが多いかもしれません。

個人的には、次第に並行して進めているタイトルだけで300GB超になってきたところに80GB前後のタイトルを購入したこともあり、さすがにやり繰り面倒なので外付けHDDでストレージを増設することにしました。

I-O DATA 外付けHDD ハードディスク 3TB

購入したのは、IO DATAのEX-HD3CZという3TBある外付けHDDです。パッケージは非常にシンプルで、段ボールそのままの外観です。

EX-HD3CZ

同梱物はEX-HD3CZ本体のほか、USBケーブルとACアダプター、そして下の画像には写っていませんがマニュアルの計4点。

EX-HD3CZの同梱物

3TBは比較的大容量ですが、サイズ的にはPS4と並べてもかなりコンパクトです。

EX-HD3CZ

PlayStation4での拡張ストレージのフォーマット

EX-HD3CZにACアダプターを繋げて、USBケーブルでPS4本体のUSBポートと接続すれば、PS4側で自動的に外付けHDDを認識してくれます。特に何の設定も必要ないので、この辺は本当に楽ですね。

一点、短所を挙げるとすれば。外付けHDDはUSBケーブルで接続するので、必然的にPS4のUSBポートを1つ塞ぐことになります。USBポートを他の機器で利用することが多ければ、HDDは外付けではなく換装で容量を増やすほうがよいかも。

今回は、追加する外付けHDDにゲーム等のアプリケーションを移動させたいので、「拡張ストレージ」としてフォーマットする流れになります。

「拡張ストレージとしてフォーマットする」ボタンをクリックすると、データがすべて削除されますとの注意書きが表示されます。

3TBあれば、いま現在が300GB程度本体ストレージを利用している状態なので、一気に10倍程度まで大きな容量に広がることになります。

「拡張ストレージ」としてフォーマットする場合、外付けHDDに各アプリケーションをインストールできるようになりますが、画面の注意書きにもあるとおり、セーブデータやスクリーンショット、ビデオクリップは外付けHDDではなくこれまでどおり本体ストレージに保存することになります。

フォーマットを実行して、数十秒程度で拡張ストレージとしてのフォーマットが完了しました。

この段階で、実質的な記憶領域は約2.76GBです。

全てのアプリケーションを外付けHDDに移動させる

外付けHDDをフォーマット直後の状態は、以下のような感じ。せっかくなので、アプリケーションはすべて外付けHDDに移動させてしまい、本体ストレージを空けてみることにしました。

「ストレージ」の「本体ストレージ」を選択して、アプリケーション名が並ぶ画面になったらオプションメニューを表示させて「拡張ストレージへ移動する」を選択します。

移動させるデータが300GB超だったので、この作業は150分以上かかりました。もしあまり使っていないアプリケーションが本体ストレージに存在するなら、先にいったん削除してから外付けHDDへ移動させるほうが時間も短くなるのでよさそうです。

拡張ストレージに移動が完了すると、下のように本体ストレージは7GB程度で400GB以上が空き容量に。これからしばらくの間、また残り容量を心配せずダウンロードできそうです。

PS4で外付けHDDを拡張ストレージとして使えるようになった当初は、外付けのほうがネットの情報を確認する限りでは、アプリケーションを本体ストレージに保存するよりも外付けHDDに保存するほうが、若干ですが読み込み速度等も向上する場合が多いようです。

よし、これでストレージの残り容量を気にする必要がなくなったので、RDR2を気兼ねなくインストールできるぞッ!